入れ歯が痛い・合わない【入れ歯(義歯)・インプラント】

現在お使いの入れ歯が合わない方、ご相談ください

現在お使いの入れ歯が合わない方、ご相談ください

入れ歯がズレて痛いという人はいませんか? なかには、「入れ歯はもともと合わないもの」とあきらめてしまって我慢しながら使っている方もいらっしゃるようです。しかしその考え方は、間違いです。現在は入れ歯の技術・性能は高まっており、その人に合った入れ歯を作れます。

アルプデンタルクリニックでは、患者さん一人ひとりにぴったりの入れ歯を作製しています。入れ歯に不満がある方、我慢して使っている方は、一度当院までご相談ください。

当院が作る入れ歯の特徴

当院が作る入れ歯の特徴

当院では、見た目はもちろん、機能性を考慮した入れ歯を作製しています。単に見た目が良ければいいかというと決してそうではなく、咬み合わせのことも考慮して、長く快適に使うためにはどのような入れ歯を作るべきかについて考えています。

入れ歯には、健康保険がきく「保険診療」で作るものと、健康保険がきかず全額自己負担となる「自由診療」で作るものがあります。当院では、保険適用した入れ歯を中心に提供し、自由診療の入れ歯については歯を失ってから長期間経過した人に対してのみ、勧めております。

当院が作る入れ歯の特徴

なぜ、そうしているかというと、歯を失って数ヶ月間は歯ぐきや骨の形が変化するからです。要は、入れ歯を作ってもすぐに合わなくなる恐れがあるのです。そのため、歯を失ってからしばらく経過して歯ぐきや骨の形状が安定していることが確認できたときに、自由診療の入れ歯をご提案しています。

数ヶ月前に歯を失った人には、上記の内容を説明したうえでまずは保険診療の入れ歯をご提案しています。そしてまずは入れ歯に慣れてもらい、期間をおいて歯ぐきや骨の形状が安定したうえで、機能性や見た目にこだわりたい方にはそこではじめて自費診療の入れ歯をご案内します。また、入れ歯を作製したあとも、長年使っているとズレてくるので定期的に入れ歯の調整も承っています。ズレている入れ歯、痛い入れ歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

当院取扱の入れ歯について

保険の入れ歯

保険の入れ歯

保険診療の入れ歯は、レジンというプラスチック樹脂を使って作られるのですが、総入れ歯の場合はすべてレジンで作ることになり、強度を出すために厚みが出てしまいます。また、部分入れ歯の場合は、クラスプという金属製のばねを使って固定するので、見た目が気になるかもしれません。

しかし、入れ歯本来の咬む機能に関しては、自費のものに比べて遜色はありません。安く入れ歯を作りたいというのであれば、保険診療で作るレジン製の入れ歯がオススメです。患者さんと技工士、歯科医師の連携がきちんととれていれば、保険の入れ歯でも問題なく日常生活を過ごすことも可能です。

自費の入れ歯

全額自己負担となりますが、審美性や機能性に優れています。自由診療の入れ歯にも、いくつかの種類があります。

金属床義歯

金属床義歯

レジン入れ歯と比較すると金属ベースなので、耐久性に優れています。また強度が高いため厚みを出す必要がなく、フィット感が増します。金属なので食べ物の温度もしっかりと感じられます。なお、金属でできているのでフレームの修理や歯を増やすなどの調整も、比較的簡単にできます。長期間使用可能なので、費用対効果が高い入れ歯といえるでしょう。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属製のばねを使わずに固定できる入れ歯です。金属を使用していないので、入れ歯を使っていることを周囲の人に気づかれることはまずないでしょう。

スーパーポリアミドという素材で柔軟性に優れています。このため、破折などにも強く、薄く仕上げてくれるので自然な装着感があります。金属を使っていないので、金属アレルギーの方でも安心して装着できるでしょう。歯への負担もあまりありません。

ホワイトクラスプ義歯

ホワイトクラスプ義歯

歯ぐきにあたる床部分を特殊な樹脂で作った部分入れ歯のことをホワイトクラスプ義歯といいます。クラスプの色が歯と合うことで、目立たなくできます。部分入れ歯のクラスプだけを変更することも可能です。

インプラント義歯

インプラント義歯

インプラントを入れ歯の固定源として利用する入れ歯です。通常の入れ歯よりも安定感が高いのが特徴です。入れ歯が合わない、発音や発声に違和感のある人にオススメの方法です。

入れ歯が合わない方は、こちらからご相談